招遊魂符(しょうゆうこんふ)

この護符は、体から離脱してさまよう魂を呼びよせる護符だと言われています。

古の時代からの護符ですので、現代ではあまり必要とされていない護符だと思います。

魂や霊障関係の護符や行いごとで、悪ふざけで使用すれば思わぬ不幸を招くこともありますので、いたずらに利用するのはやめましょう。

 

護符は願いが叶う方法

人々は古来より、何かのお願いごとや祈り、希望や厄除けを願う時に護符を用いてきました。

現代ではその護符を知る人も減ってきてはいますが、お守りやお札なんかよりもはるかに効果とご利益があることが知られています。

護符の原形の一つとして、平安時代の安倍晴明が使徒した式神が、だんだんと庶民に広がっていきました。

護符は修行を積んだ陰陽師が、あなたの願いを文字にして様々な手順や決まり事により時間をかけて作成していきます。

最後には御魂入れを行い完成するんですね。

護符への願いは無限大

護符はあなただけの願いを特別に形にしてくれるものです。

ですので、普通のお守りのように用途が決まっておらず、その人にあった護符を依頼できます。

そのために、こういったお願いはできません。などの制限がないんですね。

逆に言えばどの様な願いでも、一人一人のインリーワンの護符を作成してくれるんです。

ただし、護符の効果は強いですので悪用厳禁なんですよ!

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A