鎮亡者符(ちんもうじゃふ)

この護符は、さまよう亡霊を成仏させる護符になります。

悪い霊障が出るような場合には、たたられたり怪奇現象を起こします。

そのような亡霊に効果があり、そのような霊障が出る場所に「鎮亡者符」を貼るようにします。

よくある話としては、事故物件や霊が出ると言われ家賃が下がっている物件(アパート等)などですね。

島田秀平の下北沢の13階段アパート


※ 以下は動画が削除になった時用のネタバレになります

島田秀平の後輩お笑い芸人から、下北沢に引っ越しをすると電話がかかってきます。

そのアパートは家賃10万円以上するのですが、その201号室だけ家賃が「8,200円」だったとのことです。

管理会社に尋ねると、その部屋はやはりいわくつきの物件で、1年間で4人入るも全員が2週間持たなかったそうです。

4人のうち3人はすぐに引っ越しをして、1人は部屋にいながらの「窒息死」だったとのことです。

しかしその話を聞いても、後輩は安いという理由でその部屋に住むことにします。

心霊現象

引っ越し初日の夜 ・・・

夜中に目覚めて時計を見ると2:22でした。

一階の方から幼稚園児の騒ぎ声が聞こえるなどの怪奇現象が起きます。

窓を開けるとその現象は消えて「コツン」という音がして、窓を閉めれると再発する状態 ・・・

一般的なアパートの階段は14階段が多いのに対して、このアパートの階段は「13階段」だったらしいです。

※ 13階段は死刑執行時の段数と言われて縁起が悪いです


初日に1回「コツン」という音が聞こえました。

翌日の2日目にはその「コツン」という音が2回 ・・・

誰かが階段をのぼって来ている?階段は13階段なので誰も2週間もたなかったんだ。

そう気づくも、2週間乗り切れば住み続けられる!

そう考えた後輩はかまわずに住み続けます。


13日目 ・・・

コツンという音でなく、大勢が階段を上り下りする足音が聞こえてきます。

そして一晩中、何度も「ドン!ドーン!」とドアを叩かれる現象が起こります。

ついに引っ越しを決意し、翌日にすぐに仲間を呼んで引っ越しを行います。

近所の神社でお札やお守りを買って来て、お札は部屋に貼り荷物を運び出しました。

急な引っ越しですので時間がかかるものです。

作業はそのまま夜の19時に突入 ・・・

そうするといきなりブレーカーが下がり真っ暗になります。

暗い中で目が少し慣れた時に、島田秀平たちはその後輩がうなりながらうずくまっている姿を発見します。

救急車を呼んで運ばれて行きます。

後日 ・・・

その後輩の喉には、圧縮されたお札やお守りがつまっていたらしいです。

もし、周囲に誰もいなかったらその後輩も同様に「窒息死」していたらしいです ・・・

島田秀平

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A