商売繁盛に関する縁起物などは「自営業者や事業主」には定番ではないでしょうか?

この不況や増税・超高齢化社会などの様々な問題により努力はしているけど、今一つ成果が追いつかないなぁ・・・

という場合には是非!試してもらいたい護符が「商売繁盛符」になります。

いつも商売繁盛の熊手を購入している。新年の初詣のお参りで商売繁盛のお札を買っている。その様な場合でも護符の方がもっとご利益があるんですね。

一般的に売っているお札や熊手は万人向けですので、あなたのお店や事業に合わせての唯一無二のオーダーメイド護符になるからです。

商売繁盛の護符を注文する際には、しっかりとお店(もしくは事業などの業務内容)の情報を入力して注文して下さいね。

 

商売繁盛符の使い方

商売繁盛符はお店の壁や柱に貼って使用します。

この霊符の場合には、お客さんが来る方向という出入口に向けて貼ると良いです。

お店でなく事業所内に貼る場合には、神棚に祀るのが良いでしょう。

現在では、お店は3年ごとに変わっていきます。

特に飲食店や水商売などは移り変わりが激しいですしライバルも多い地域はたくさんあります。

商売は人と出会う事もたくさんある業種ですので、人との出会いがさらなる商売繁盛のきっかけにもあり得る世界です。

ご利益があるのか分からない熊手やお札を買っているならば、あなたの商売に合わせた護符がありますよ。

一般的に販売されているお札や熊手は “万人向けの縁起物” 程度ですので、せっかく買うのであればしっかりと効験があるものが良いのではないでしょうか?

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A