不和即睦符(ふわそくぼくふ)

夫婦喧嘩が長引いてはいませんか?

この護符は、夫婦喧嘩をおさめてくれる護符になります。

不和即睦符を所持すれば、お互いの非を認めて許しあえる効果があります。

夫婦でもいつの間にか仲直りしているケースもあれば、いつまで経ってもお互いが根に持って不仲が続くケースもあります。

夫婦喧嘩の原因は様々ですが、ひどい喧嘩になり不満が募れば離婚へと発展していくケースもあります。

 

日本の離婚事情

日本の離婚事情として、離婚率が高いのが「20代前半」だと言われています。

また結婚後に3組に1組は離婚している実情があります。

離婚が一番多いのは「沖縄」です。

出生率は全国でもトップクラスなのですが、DVも全国で多いそうです。

その他の原因として平均賃金の低さもあるのではないかと言われています。

次に多いのが北海道です。

北海道では家族を重んじる傾向が少なく離婚にも抵抗が少ないと言われています。

また、北海道は昔から女性が働きに出るケースが多く自立した女性の多さも離婚率が高いのでは?と言われています。

次が大阪で失業率が高いことが原因と見られています。

  1. 沖縄
  2. 北海道
  3. 大阪

です。

また、20代前半でのできちゃった婚では半数が離婚しているという統計が出ています。

若い層の離婚が目立ちますが、最近では「熟年離婚」も増加傾向にあります。

子どものために我慢していたが、子どもも独立して仕事もして自立している女性が離婚を切り出すケースですね。

☑ 探偵ナイトスクープ 23年間会話がない夫婦

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A