子宝に恵まれずに、子どもが欲しい時にご利益があるのが「求子符 -きゅうしふ-」の護符になります。

子どもが欲しくて妊娠したいと願う夫婦には所持して欲しい一枚です。

 

優秀な子どもの誕生を願う「願賢子符」

願賢子符は「がんけんしふ」と言いその名の通りに賢い子どもの出産を願う護符になります。

やはり何かしら学習能力に支障が出れば親としても悩みの種になります。

妊娠までは「求子符」を所持して、妊娠後には「願賢子符」を持つ夫婦も少なくはありません。

無事に出産を願う「免産難符」

その他に出産関係の御符としては「免産難符 -めんさんなんふ-」があります。

女性の出産はなかり大変です。

死産を防ぎ母親を守り母子ともに救ってくれる護符が「免産難符」になります。

特に35才以上の高齢出産では所持したい護符です。

高齢出産のリスクは、流産、先天性異常、妊婦高血圧症候群、帝王切開、ダウン症の発症率が上がるなどがあります。

願いを叶える方法が護符の力

あなたが何かの希望を叶える、困難を乗り越えるなどの運命の巡り合わせを信じたい時に効果があるのが護符になります。

人生がうまくいくにも、恋愛ごとがうまくいくにも運が大きく関与してきます。

その様な巡り合わせや運命を良い方向へと導いてくれる不思議な効力がありますので、護符の悪用は厳禁なんですよ!

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A