株式取引やFXの外国為替取引をしている時に、怖いのは大きな損失ですよね。

サブプライムローン危機からのリーマンショックは記憶に新しいところですね。

また、最近では中国の株式大暴落と・・・ まさに光と影の明暗がクッキリと分かれるのが投資という個人的なイメージです ^^;

古くは、まだFXが一般的に広まる前には「ドルロングの買いだけの保有」で右肩上がりの時期もありました。

主婦層にドル円ロング保有者が多く「損切」が出来ずに散っていった人も多かったですよね。

株やFXだけでなく、投資はマンションなどの土地や建物・最近ではアンティークコイン投資にも注目が集まっていますね。

そんな財テクと言われる投資での大きな損失を被る事がない護符が「財物不耗符」という “ざいぶつふもうふ” になります。

株やFXの短期取引ならば「投資でなく投機」と言われますが、何かしらお金を投資する場合にご利益がある護符になります。

株やFXなど損切などの自己コントロールが前提の投資ジャンルもそうなのですが、むしろそれ以上に後述した土地や建物などの「自分でコントロールしにくい様な投資」には絶対持っておきたい霊符になります。

 

財物不耗符について

財物不耗符は「損を防ぎ利を得る事が出来る」と言われています。

投資や投機は勝ったり負けたりの繰り返しで利益を積み上げていくのが一般的で100%負けなしという物ではありませんが、投資で大きなミスを1回でもしてしまえば、その相場からは即退場になる危険性があります。

投資を行う上でのリスク管理は大前提ですが、それでも精神面が必要なのが投資ですので、是非一枚持っておきたいものですよね。

同じ様な種類の護符で「招金銀入宅符」という護符もあります。

この2種類を持っておけば、相乗効果も抜群になります ^^ !

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A