家屋除災符(かおくじょさいふ)

家屋除災符は家やその家具を守ってくれる護符になります。

  • 新居を建てて構えた時
  • 最近やたらと家や家具の損傷が激しい時
  • 災害から家を守って欲しい

などの時に家に祀る護符になります。

新築の際には、その家をなるべく長く使いたいですよね。

早い老朽化でメンテナンス費用がかさむとかなりの痛手になります。

家具も同様ですよね。

新居には、その家に合った新しい家具を購入するかと思います。

また、新居でなくても家には色々とお金がかかるので効果が期待できるお札なんですね。

家の保全に効果がある霊符になります。

 

突発的な災害予防にもご利益がある家屋除災符

  • 白アリの被害
  • 台風での家への被害
  • 大雨での家屋被害

など、その他にも最近では竜巻などの異常現象も見られますよね。

そういった突発的に起こる自然現象からも家を守ってくれるご加護があります。

家の被害や老朽は意外と気付いた時には手遅れになっていた ・・・

その様なケースが多いですよね。

家屋除災符は神棚に祀ったり、神棚がない場合には太陽が昇る方向へ高い場所に貼る様にしておきましょう。

一軒家でなくても分譲マンションにも効果があります。

家やマンションの購入は一生の買い物で一番高く、買い直しがききませんので、家は大切に次世代に受け継いでいきたいですよね。

古よりその効果が高いとされている護符には強い力が宿るんですよ。

ご利益が薄い適当なお札とは違うんですね ^^ /

あなたも、色々な憂いを払拭したり夢や願望を叶える効果がある護符の力を借りてみませんか?

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A