攘火災符(じょうかさいふ)

家で火事が発生しない様に守ってくれる護符です。

  • 自宅で家族や自身が火事を起こさない
  • また隣家などの火事発生からの火災を防ぐ

というお札になります。

最近ではガスの警報器や消火器の設置・電気やガスコンロの安全化も進んでいますが、やはり冬の乾燥する時期には定期的に火災が発生していますよね。

火事になれば、自分の大切な物・身近な物・写真やアルバムなどの思い出・財産・住む場所などの全てを奪ってしまいます。

もちろん逃げ遅れれば一酸化炭素中毒での焼死という最悪のケースもありますよね。

暖房器具の消し忘れ・ガスなどの止め忘れ・煙草などの火の不始末には気を付けたいものです。

 

不思議な力を秘める炎

定期的にニュースになるのが「放火」ですよね。

記憶に新しいニュースならば、未成年が次々に原付バイクへの放火 ・・・

また大きなニュースとして取り上げられた放火事件として「くまぇり事件」と言われる2006年4月~6月に発生した「諏訪地方連続放火事件」ですね。

芸能界に憧れて熊田曜子そっくりに整形し、近所へ次々に放火してその様子をブログにアップしました。

憧れの芸能界への扉が開いたのは「週刊誌SPA!」のグラビア撮影でした。

しかし、その撮影の日に逮捕になった事件で、今でも覚えている方もいるのではないでしょうか?

放火犯の理由はむしゃくしゃしていたからなどの理由が多いですが、何かしら人を引き付ける様な不思議な力がある様に思います。

攘火災符(じょかさいふ)ならば、その様な放火からも護ってくれるんですね。

攘火災符の使い方は家の柱へ貼る様にします。

良い場所がない様でしたら火元(台所)に貼っても良いんですね。

あなたや家族を火災から守ってくれる霊符になりますよ!

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A