上下和合符(じょうげわごうふ)

この護符は職場の揉め事が多かったりチームワークがバラバラな時に用いるお札になります。

職場を円満にしてくれる霊符ですので、職場の雰囲気が良くなり協力して気持ち良く仕事が出来るご利益があります。

上下和合符の文字の通りに、職場全体の人間関係を円滑にしてくれるのですが「特に上下関係」が良くなる種類の護符になります。

  • 上司とそりが合わない
  • 部下と合わない
  • 上下関係がぎくしゃくしている
  • 上下での連携がうまく取れない
  • 自分ではないけど職場がチームとしてまとまらない

などの職場の悩みを改善してくれるんですね。

揉め事やトラブルがなにかと多い様な職場には、出勤時に持っておきたいお札ですね。

 

時には、仕事以上に疲れるのが人間関係のトラブルです

仕事は予定と立てて時間通りに進める事ができるけど、何故かしら人間関係でのトラブルが多い職場ってないですか?

仕事やその仕事でのトラブル以上に、時間がかかったり労力を要したりするのが人間関係のトラブルではないでしょうか?

  • 普通に仕事をしてくれればスムーズに終わるのに・・・
  • 何で協力してやれないんだろうか???

というケースですよね。

この様に、毎日何かしらのトラブルが起こって穏やかに仕事を出来る日が少ない。なんて言う話は冗談の様ですが、実際にはこういったトラブルがある職場はあります。

特に女性が多く集まる様な職場では聞く話ですよね。

こうなってしまえば、あなた自身が疲れてしまう事だけでなく、クライアントや関係者にも良い感情は生まれません。

なるべく早く解決していきたいものですよね。

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A