農家に実りや豊作を招いてくれるのが「五穀豊穣符」になります。

本来は農家用の護符になりますが、縁起物としてもお目出度いお札になるために一般家庭用として誰でも持っていて良い護符なんですね。

本来は農家向けになりますので、農業をしていれば絶対に持っておきたい霊符になります。

毎年の豊作は約束されていませんよね ・・・

例えばお米を作っているならば、猪といった動物に食べられない様にしたり、台風の時には定期的に田んぼを見にいったり、用水路の水の確認をしたりと稲などの作物を育てるだけでなく、様々な被害の注意もしないといけませんからね。

その様な自然災害も関与する農家のための護符ですね。

大昔は農業中心の時代でしたので、近年までもずっと続く歴史のある種類の護符になります。

田んぼでお米を作っている農家だけでなく、果物作りの農家・野菜作りの農家と作物を作って売って生計を立てているならば、絶対に欲しいですね。

最近は兼業農家も多いです。

冒頭で記載した通りに、五穀豊穣符は豊作だけでなくお目出度い縁起物ですので、兼業農家の場合でも手にして欲しい霊符になります。

“豊作+家庭内の招福” の効果が期待できますよ ^^ /

 

五穀豊穣符の使い方

一般的な家族向けの護符と同じ使い方になります。

神棚に祀る・太陽が昇る向きに向けて目の位置よりも高い場所に貼るという事ですね。

護符は基本的に毎日少しで良いですので、お祈りをする様にしましょう。

陰陽師「安倍晴明」から受け継がれる式神護符

安倍晴明は平安時代に花山天皇や藤原道長から信頼を得て、式神を使えて京都を鬼から守った陰陽師です。式神は鬼神で紙や木片に入れていたと言われます。

平安時代の式神符が、現代の「護符」になり人々を憂いから救ってくれると崇められているんですね。

願いを叶える方法としても効果が高く、厄除けや開運以外にも「恋愛成就や復縁」にも強い人気とご加護があるんですよ。

式神

日本で最高位のお守り「護符」の詳細

護符の桃源院かなえや

護符の詳細や効果は?

陰陽師が護符を作るまで

護符に関するQ&A