護符に関する疑問・質問・取り扱い方から願いが叶った後の手放し方までをご説明します。

護符についての色々な疑問解決のページになります。

Q1 護符を箱から開けて出していいの?人に見せるのは?

護符は開けて取り出して構いません。しかし、護符は他人に見られれば効力を失うと言われます。

また、軽んじて扱ったり人に見せびらかしたりすれば、神罰さえ被りかねませんので自分だけの秘密にしておきましょう。

見せた人があなた自身を嫌っていたりすれば、その邪念が逆に邪魔をする可能性は0ではありません。

Q2 護符の活用方法(扱い方)は?

護符はあなた自身の身近に置いておきます。

一番良いのは身に付ける事です。

護符は折りたたんで良いので、サイフやカバンに入れて持ち歩きます。

護符を入れる前には、その入れる物は簡単で良いのでホコリを掃って・お酒で拭いて・塩で清めましょう。

肌に付けておく場合には、護符に穢れ(けがれ)が付かない様に紙やハンカチ等で包むようにしましょう。

就寝時には布団の下や枕元に置いておきます。

また、護符には毎日お願いしている事を念じましょう。

家自体の災いを防ぎたい様な場合で、屋内に護符を貼る時には「目の位置よりも高い所」に貼る様にします。

もちろん、護符自体に直接押しピンで穴を開けたりしない様に大切に貼りましょう。

お札の扱いと一緒ですよね。


Q3 護符の処分方法は?

護符は願いが成就した時や効力の期限を迎えた時には処分をします。

護符の効力の目安は1年間です。これは他のお札やお守りなどと同じです。

1年経ったり願いが叶えば「清めて炊き上げ」を行います。

また、破れたりひどく汚れたりしても「護符の効力の終わり」になります。

一生保持していれば「悪い作用が働く危険性」もあります。

かなえやで購入した分の護符は、送付すれば「かなえやで炊き上げが無料」です。

神社でのお守り・お札の炊き上げに持っていくもの良いです。

個人で行う場合には ・・・

  • 使用するマッチ・ライターを清める
  • 燃やす
  • 灰は庭にまくか埋めるか清流に流す

という手順になります。

Q4 護符は何枚も持っていて良いの?

お願いの種類が違う場合には相乗効果もあり良いとされています。

ただし、同じお願いはやめておいた方が良いです。

護符自体を信用しないでコロコロと変えるのは良くないとされています。

Q5 護符のお願いは自分以外でも良いの?

他の人の願いでも構いません。

病状回復や結婚や受験などですね。

護符の桃源院かなえや

陰陽師が護符を作るまで

護符の詳細や効果は?